現場に行かなくなったとしても、ヲタに戻ってしまう環境は存在する

【ヲタを辞めよう! 第6話】

前回からの続き

ヲタ卒の定義付けということで、前回①現場に行かないということで、現場を離れるための方法を紹介しました。

今回は②お金をかけないについてのお話です。

現場で使う費用がほとんどだったはず

現場に行くお金を使うのを辞めることができれば、アイドルに対する関心は遠のいていくはずです。

アイドルと直接触れ合うことが、アイドルヲタ最大の醍醐味に他ならないからです。

握手会などの接触系イベントのみならず、コンサートやライブにも足を運ぶことが無くなれば、その時点でヲタにかける費用は圧倒的に少なくなるはずです。

では何が残るのかといいますと、DVDの購入やネット上での課金利用になるかと思います。

それまで対象としてきた推しが出演しているコンサートDVD・音楽CDの購入のみでも十分応援に繋がると考えているヲタも中にはいるはずです。あるいは「アメーバプレミアム放送」でアメゴールドを購入することによって好きなアイドルが出演している配信を視聴するなどの楽しみ方もあります。

「ニコニコ動画」でも最近課金動画が見られるようになりました。
10
(↑ニコニコ動画ではポイントを購入しないとアイドルの動画が視聴できない場合もある)

DeNAが運営しているSHOWROOMでも課金ビジネスが幅を利かせており、ヲタ同士による数万円単位の戦いが繰り広げられていることがあるようです。

「SHOWROOM」のプレゼント企画で9万円使った人が5万円の人に負ける事案発生(違いが分かる男)

ネットサービスの発達によりアイドルと直接合わなくても触れ合えるようになっているため、自宅でもヲタ活できるということです。

このことに油断していると、いつまで経っても金欠のままです。

やはり、情報を遮断するべき

究極の方法はパソコンやスマホを見ないことですが、そうもなかなかいかない方もいます。

例えばTwitterを利用しているのであれば、推しメンや公式アカウントのフォローをこっそり外したり、ミュートしたりしましょう。

FaceBookであれば友達のニュースフィードをいったん外してみたりして徐々にヲタ活から意識を離していきます。

しばらくしてからミュートを解除したり、ニュースフィードを戻して、アイドルの情報に興味が無くなれば「ヲタ卒」の達成は近づいてくると思います。

この「しばらくして」からという期間がどのくらいかと言いますと、ヲタ活に対する意識が無くなっていくのには個人差があると考えています。それまで週3回ペースでヲタ活していた方と、月に1回ヲタ活していた方とでは、興味が無くなっていくまでの期間に違いがあるといえるでしょう。

>>第7話 ゆるやかにヲタ活から離れていけば良い、ただし油断はするな! 

ーーーーーーーー

AKBの現場で起こった出来事について暴露中
おたくから見たおたく(有料記事)

ヲタを辞めたい人はこれだけいました!
「ヲタを辞めよう!」無期限アンケート終了!最終結果発表です

ヲタ卒の質問募集中!

●ヲタ卒したいけどなかなかできない
●ヲタのこんなところに疑問がある


・・・などご意見、ご質問などを募集します。
ヲタ卒を成功させたWind.(かぜ)が回答します。

Wind.(かぜ)のTwitterへお気軽にDM/リプライお待ちしております。
Twitter(@wind_kaze)はこちら