ニュース

浜崎あゆみの小説「M 愛すべき人がいて」映像化は既定路線?本当にノンフィクションなの?

歌手・浜崎あゆみさんの自伝的小説『M 愛すべき人がいて』が話題沸騰となっています。

初週3.8万部を売り上げ、最新8/12付週間BOOKランキング(集計期間:7月29日~8月4日)2位に初登場。ジャンル別「文芸」では、1位を獲得しました。

created by Rinker
¥1,400
(2019/09/22 22:38:03時点 Amazon調べ-詳細)

著名人の反応

https://twitter.com/_kawaei_rina_/status/1162213761794490376?s=20

浜崎あゆみの暴露本?

メディアでは「浜崎あゆみの小説」「あゆの暴露本」と宣伝されていますが、実際に浜崎さんが執筆されたわけではありません。

ノンフィクションライターの小松成美さんが浜崎さんを長期間にわたって取材してまとめた本となっております。

小説のあらすじ

歌手デビューから「女子高生のカリスマ」となるまでの軌跡を綴った作品。その中でエイベックスの松浦勝人氏(当時:専務)との交際歴を赤裸々に綴っています。

福岡で育った浜崎あゆみは幼い頃に父親が蒸発し、母親と祖母の3人で暮らしてきた。小学生の時にスカウトされてモデルデビューを果たした後、母や祖母とともに上京し女優として活動する。そんな中、東京・六本木のディスコ・ヴェルファーレのVIP席で出会ったのが、当時エイベックスの専務でカリスマプロデューサーとしてヒット曲を生み出していた松浦勝人氏だった。

この本の巻末で浜崎さんは

「もしも誰かに『今回の人生で一生に一度きりだと思えるほどの大恋愛をしましたか?』と問われたなら私は何の迷いもなくこう答えるだろう。『はい。自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました』と」

とコメントしています。

映像化決定?

歌手の浜崎あゆみさんの自伝的小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)に注目が集まるなか、早くも映像化が現実味を帯びてきた。連続ドラマ化が進んでいるというスポーツ紙の報道もあり、ネット上では早くもキャスティングに注目が集まっている。

(出典:<https://www.j-cast.com/2019/08/17365211.html>「自伝的小説」ドラマ化報道に沸くネット 「あゆ役」演じるのはだれ?(J-CASTニュース))

映像化またはドラマ化については出版元である幻冬舎社長の見城徹氏が「〔M-愛すべき人がいて-〕の映像化のオファーがたくさん来ている。某テレビ局で連続ドラマ化が決定しそうだ」とし、AbemaTVでのドラマ化や映画化が既定路線という声もあるようです。

2つの線が今つながる

1990年代後半の日本の音楽シーンは輝いていました。女性アーティストでは安室奈美恵さんや宇多田ヒカルさんに並び、誰もが知っている存在となった浜崎さん。デビュー作から一貫して本人が作詞を行っています。

「poker face」「Boys & Girls」「appears」「TO BE」「A song for XX」「Trust」といった初期の曲はどのようにして生まれたのか?なぜ松浦氏と交際するようになったのか?という2つの線が1つの点につながります。

浜崎さんのファンは言わずもがな、当時の活躍を知っている方にとっては、読んだ後にもう一度曲を聴きたくなるに違いありません。

created by Rinker
¥1,400
(2019/09/22 22:38:03時点 Amazon調べ-詳細)

どこまでが事実で、どこまでがフィクションなのか?

その境界線を見つけていくのも本作を楽しむひとつです。