NHKをぶっ壊す

紅白歌合戦の裏側、出場歌手の選び方とNHK・芸能プロダクションの関係

NHK紅白歌合戦において、ヒット曲も無いのに何年も出続けている歌手がいて不思議に思ったりしたことはありませんか?

なぜ出ることができるのか?紅白歌合戦の裏側を記述します。

紅白歌合戦の一番の問題点は出場する歌手を全くもって国民の皆さんに聞いていないことである。こういう番組はファン投票のようにやるべきだがやらない。やっていたとしてもそんなことを参考にしていない。

紅白歌合戦の出場歌手の決め方

NHKには芸能部があって部長、EP(エグゼグティブプロデューサー)、CP(チーフプロデューサー)がいる。芸能プロダクションは所属歌手をNHKの紅白歌合戦に出したい。紅白歌合戦にAを出してくれと部長に働きかける。こんな交渉をやっているところを渋谷の高級喫茶店で見かけたことがある。簡単にいうとカネと女。お金をくれるのと女性の体を提供してくれるプロダクションの歌手を紅白歌合戦に出場させる。

どのプロダクションも紅白に出たい。紅白歌合戦に出るとその後の営業で高いお金をもらえる。お金はどこのプロダクションも出してくれる。売れないタレントが肩を叩かれて「そろそろ〇〇プロデューサーに抱かれてこいよ」とか言われる。ウソのような本当の話。これは芸能界にいたら当たり前の世界でカネと女の世界。こういうのをたらふく食べているのがNHKの芸能関係者である。

NHKの職員は公務員ではないので接待を受けることは犯罪ではない。

NHKと業者の関係

NHKの芸能部はカネと女の汚い関係をやっているので金銭感覚が麻痺している。

【かつての事例】ニッシンドウという業者に下請け会社から総額70万円のトロフィーを納品してもらう。ここからNHKに70万円分納品される。芸能部は70万円か分からないから200万円請求する。芸能部は経理局に200万円払ってくれと伝票を作るので、経理局はいわれたまま200万円を業者に払う。業者には70万円+  利益30万円もらい、残りの100万円はNHKの芸能部長にキックバックされる。

この不正なやりとりをしていたのがCPで、当時は横領額が2000万円だったと発表していたが実際は2億円だった。

CPだけではなく部長、EP・・・をはじめ組織的に悪いことをしている(総額20〜30億円の犯罪を犯している)のに、NHKは警視庁にCPの単独行動にして欲しいと交渉した。証言を取るためにニッシンドウの重役を呼んだが、重役は事情徴収を受けた日の夜に東京湾に車ごと落ちて死んでいる。重役は本当のことを言ってNHKが困ったから殺されてしまったのではないか?(推測)

そういえば都合の悪い人間を処分しなければいけない話を聞いたことがある。ちゃんと謝罪して紅白歌合戦をやめるべきだし芸能部なんていらない。NHKは報道やスポーツや教育や福祉をすればいい。芸能なんて民放がやるんだから。

NHKには変なお金や女性の体が流れ、場合によっては暴力団や人殺しが起こる。こんなところにお金を払わなければならないという法律があること自体おかしい。紅白歌合戦のきらびやかな部分だけを見ていて喜んでいる場合ではない。

いまだに国民の意見を聞かないで紅白歌合戦をやっているNHKに受信料を払う必要は無いですね。

参考動画