自宅が「スナック化」する日

毎度おなじみ、Wind.(@wind_kaze)でございます。

キングコングの西野さんが以前「スナックは無くならない」ということをおっしゃっていました。

スナックが無くならないというのは、人は人である限り、人との交流は切っても切っても切れないことへの裏返しです。ですが通常のスナックって敷居が高く感じてしまう。あそこって、意外とお金を使ったりするんですよね。

だからこそ私は自宅の一部屋を来客専用スペースとして気軽に迎え入れる場を作りました。幸いにも現在の私の自宅は一軒家なので程よくワイワイやっても平気ですし、友人がお酒やおつまみを持ち込んでくれて楽しくやれたら私にとってもムダな時間にはなりません。

ゆえに、ウチはスナックらしからぬスナックになっています。

開店日不明、開店時間未定。

ママはおらず私が「パパ」となって拍子抜けするほどゆる〜く稼働。

浜松の「スナック自宅」でお待ちしております

↑というワケで、今回書きたかったのはこれ!

記事冒頭のツイートに載せたのは実家の引越し時に発見したカナダのウイスキー。

↑あとこれは祖父の代に買って保管していた未開栓のブランデー「ナポレオン」。

父親から「開けてみたら?」といわれて自宅まで運んできましたが一人で開けるのは勇気がいります。なぜなら世代を超えた代物だから・・・

興味ある方は一緒に“開栓の儀”をやっていただけないでしょうか。

ブランデー呑めないっていう方も、 「Wind.の自宅で呑みたい」という方がおりましたら随時DMくださいませ。

以上、自宅スナックのPRでした!