2018年を楽しく生き抜いていくためのキーワードはこれだ!

毎度おなじみ、Wind.(@wind_kaze)でございます。

2017年、自分の時間を使って行ってきたことは面白いことをしている人に積極的に会いに行くことでした。

様々な人からのお話で、最も多く聞いた言葉は「お金」でした。

「お金って、なんだろう?」

この問いに対して、今までの人生でじっくりと考えることがありませんでした。

きっかけとなったのは「お金の再定義」です。

↑キングコング西野さんの話にあった「お金は信用を数値化したもの」という考えが多くの人々に支持されたのです。

ざっくりいうと、まわりから信用の面積を増やした人は、お金も集まってくる。

信用をお金に変えることはできるが、お金を信用に変えることはできない。

クラウドファンディングの世界では、とあるホームレスが成功しまくる一方、ノリで募集した有名人が失敗する現象が起こっています。

また、仮想通貨をはじめとしたブロックチェーンの隆盛も見逃せません。

仮想通貨の所有者の中には、ゲーム感覚で桁が増えて資産1億に達する人(億り人)も現れはじめています。

このように、日常生活や通常の考え方では理解できないことが年末年始関係なく現在進行形で進んでいるのです。

2018年まず最初に実行すること

私はお金に関して一つのアクションを取ります。

財布を持つのをヤメます。

財布を持つのをヤメれば、現金を持ち歩くことも限りなく少なくできることでしょう。

なぜスマホで色んなことができるようになったのに、長くて分厚い財布を邪魔くさく持ち歩いているのか?

スマホを持っていれば、色々と決済できる世の中になっています。

それなのに、2018年になっても「支払いは現金のみ」というお店が多いですね。

東京でさえも、路地裏の喫茶店では新しい形の決済に追いついていないのです。

3メガ銀が「口座維持手数料」検討へ マイナス金利で苦境、30年度中にも結論(産経ニュース)

↑三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3大メガバンクは口座維持手数料の導入を検討しているとのニュースも入ってきました。

「持っているだけで預金が取られる?」ヘンな話ですよね。

色々と嘆いていてはいけないので、私から率先して実践していきます。

ブロックチェーンは、スマホが普及したのと一緒で今後生活の中に浸透していく可能性が大アリです。

というわけで

お金に関してワクワクすることを発信していきたいと思います。

今現在保有している仮想通貨は、ETH、BitZeny、XPコインがメインとなっております。

ビットコインは今後も上がっていくと思いますが、2017年のような20倍ってことにはなりにくいかなぁと思っています。これから狙っているのは「草コイン」です!

この記事をご覧いただいている皆様へ。2018年はお金に限らずワクワクすることを見つけていきましょう。

ワクワクするためには、面白そうなことをしている人を見つけてみましょう。好きなことに時間を使うことで、平坦な人生に刺激を加えることになります。

気をつけていただきたいことは周辺のノイズを拾わないことです。相手が「どう」だとか「こう言ってる」とかは気にする必要がありません。

ワクワクを増やすことがこの1年を楽しく生き抜いていくキーワードだと確信しています。

皆様にとって、良い年でありますように。