須藤凜々花の結婚発表でヲタ大惨敗。ヲタ活の限界がハッキリ見えた!

第9回AKB選抜総選挙において、須藤凜々花さんが結婚発表を行なった“事件”は、内外問わず大きな話題となりました。

ご存知の無い方へ簡単にご説明しますと、2017年6月17日に開催されたAKB48グループの毎年恒例のイベント「選抜総選挙」において、大阪拠点の姉妹グループ・NMB48のメンバー・須藤凜々花(すとう りりか)さんが全体の20位に選出。その後のスピーチで「結婚します」と発表し、メンバーやファンは騒然となりました。

その後ネット上や様々な芸能人が色々コメントしています。これについては思うところもありつつなかなか書けなかったのですが、この騒動から半月ほど経ち、世間の関心が無くなってきたので、いよいよ私見を書いていきます。

他のメンバーは被害者だが・・・

須藤さんが壇上で結婚発表を行うにあたり、事前に所属事務所の幹部に伝えた上で決断したとのことです。しかし事前に知っていたのはほんのごく少数で、多くのスタッフはおろか、NMBのエース的存在の山本彩さんや他のメンバーは一切知らなかったといいます。

これについてはメンバーは被害者であると思います。しかし須藤さん自身は悪くないと思います。若さゆえ様々なことを知らなすぎていたゆえに批判が集まってしまったのは致し方ないですが、須藤さんの意向を許した事務所幹部に責任があったといえます。

恋愛禁止なんか無くしてしまえ!

これほどの話題になった大きなポイントは、AKB48グループひいてはアイドル業界の暗黙の了解とされている恋愛禁止を破っただけでなく、それをポーンと飛び越えて結婚まで発展していたことです。

そもそも恋愛禁止制度なんて明文化されていないのにどうして破ったら批判されるのでしょうかね?別にお相手がいても構わないと思いますけど。

もし恋愛がアイドルとヲタの関係を潰すのであれば「恋愛発覚したら即卒業」っていうルールをちゃんと作ってAKBメンバーの自律を高めればいいのに・・・

まぁ総合プロデューサーがあの人である以上、恋愛禁止の縛りは与えないでしょうからいっそのこと恋愛OKなグループで突き進めばいいんじゃないですか。こっちは他人事です。

「ハイリスク・ゼロリターン」のヲタ。

そしてこれは最も書きたかったことですが、須藤凜々花さんのヲタは自業自得です。

アイドルの応援なんかハイリスク・ローリターンだということはもう分かってることじゃないですか。ローリターンならまだマシなほうで実質ゼロリターンの世界にわざわざいるようなものですよ。

ヲタは一人の好きなアイドルにどれだけ時間を費やそうがいくらお金を注ぎ込もうが、完全に不利な立場なんです。

例えば推しのアイドルが突然「卒業します」って言ったらそれまで一途に頑張ってきたヲタの苦労が一瞬にして吹き飛んでしまうのです。これを知ったヲタが100万円積もうが1,000万円積もうが、推しのアイドルがグループを卒業したいという意志を覆すことは極めて難しいワケです。

 

ちなみに今回の総選挙で須藤さんに注ぎ込まれた票を全てCDで換算すると

1,646[円/枚] × 31,779[枚] = 52,308,234[円]

と試算されています。

中には「金返せ!」というヲタもいたようですがなんでもありのAKBに対してお金を捧げていたのですから同情の余地は全くありませんね。

酷い目にあったと思った全国のヲタはこれを機に「ヲタを辞めよう!」でも読んで綺麗さっぱりヲタ活から足を洗ってくださいませ〜。

まとめ

運営>アイドル>ヲタ

この法則が改めて垣間見えたこと、

そしてヲタ活の限界点が改めて見えた今回の「須藤凜々花事件」でした。