初代iPhone発表から10周年・iPhoneの10年間を10分で振り返ってみたよ!

初代iPhoneがアメリカで発表されてから1月9日で丸10年を迎えました。

伝説のプレゼンがすべてを変えた。

2007年1月9日、Macworld Expo 2007。

「2年半の間、この日を楽しみにしていた」

「本日、アップルは電話を再発明する」

アップル創業者のスティーブ・ジョブズは新デバイスの発表の際にこう述べました。

そのデバイスとは

「タッチ操作のできるワイドスクリーンのiPod」

「革命的な携帯電話」

「インターネットコミュニケーター」

この3つでした。しかし、3つのデバイスは1つになっていると補足しました。

「数年に1度全てを変えてしまう新製品が現れる。」その製品こそ、初代iPhoneだったのです。

初代iPhone(2007年)

first-iphone-top

(出典:ichitaso.com)

この発表は本国アメリカでもちろん熱狂的に受け入れられたほか、世界中で大きな支持がありました。日本でも話題になりましたが、GSM帯のみの展開だったため日本への導入は見送られました。

背面は上4分の3ほどがアルミニウム、下4分の1は黒いプラスチック部分で構成されています。これは金属で無線信号をブロックしないためだとされています。

iPhone3G/3GS(2008・2009年)

iphone3gs

やがてiPhoneが3G化し、ソフトバンクが独占販売権を得ると日本でも熱狂するようになったのです。

当時の日本は「ガラケー」主流でしたのでiPhoneのようなスマートフォンは携帯電話の黒船と称されていました。

良くも悪くも、iPhoneはこれまでの日本の端末でできなかったことを盛り込んでいました。iPhone以前の日本の携帯メーカーは、キャリアの意向で仕様を作り込んでいましたが、iPhoneは商品力が高かったため、キャリアの意向に左右されることなく自らが仕様を決めて世界中の通信キャリアに売り込むことができたのです。

よって当時の日本では当たり前になっていた「ワンセグ」「赤外線通信」「おサイフケータイ」といった機能は入っておらず、ユーザーがすんなりiPhoneに乗り換えるケースはまだ少なかったように感じます。

私もiPhone3GSでiPhoneユーザーになりましたが、当時はまだ珍しい方でした。特に赤外線通信で連絡先をやりとりできなかった不便さはありましたが、それらを犠牲にしてでも使う価値があったのです。

iPhone4(2010年)・iPhone4s(2011年)

img_2112

やがてiPhone4になってから大幅なハードの充実が図られました。前面カメラや背面カメラにフラッシュライトが搭載されたのもこの頃ですし、Retinaディスプレイという超高解像度カメラが搭載されたのもこの頃からです。

また、ホワイトモデル(上の写真・前面も白)は製造上の問題により発売が大幅に延期されたこともありました。

iPhone4sが発売され、au(KDDI)での取り扱いが始まった頃には一気にiPhoneが普及していましたね。今ではおなじみのFacebookやTwitter、LINEもスマホがあったからこそ普及したツールだといえます。

また依然としてiPhoneの発売に漕ぎ着けられなかったNTTドコモは、グーグルのOS「Android」を搭載した端末を売り込む作戦に出ました。XPERIAやGalaxyが代表例ですが、iPhoneの商品力の前に苦戦を強いられ、au、ソフトバンクを含めた3キャリア中唯一シェアを落とす現象も見られたほどです。

 

iPhone5(2012年)

1p8a0815

iPhone5でも、引き続きソフトバンク、auによる販売が行われ、LTE通信に初めて対応しました。また液晶ディスプレイが従来の3.5インチから、縦長の4インチに大きくなりました。充電やPCの同期で接続されるコネクタが現在も使われているLightningコネクタになったのもiPhone5になってからです。ソフトウェアの話題としてはApple独自の地図アプリが提供されましたが、不完全なところが多くアップル側が謝罪する出来事が起こりました。現在もGoogleマップの使い勝手には及んでいないのが現状です。

iPhone5s/5c(2013年)

dsc_0678

iPhone5s/5cからようやくNTTドコモでの販売も開始され、これで史上初めて日本の大手3キャリアで同じ商品が取り扱われることになったのです。

iPhone5sでは新たに指紋認証(Touch ID)が追加されました。廉価版として登場したiPhone5cは、Touch ID機能は搭載されておらずiPhone5のポリカーボネート版といった印象が拭えませんでしたが、nanoSIMサイズに対応する最もコストパフォーマンスの高いiPhoneということで、特にドコモ版のiPhone5cの中古需要が高くなるといったこともありました。

iPhone6/6Plus(2014年)

img_1471

画面が従来の4インチから、4.7インチと5.5インチの2種類のモデルになったのはこの時です。6PlusはフルHD(1920×1080ピクセル)の液晶となりました。

キャリア版とは別に、アップルストアではSIMフリー版が発売されましたが、発売時期が先送りされた中国から転売目的でのバイヤーが多数押し寄せ、一部店舗でトラブルとなる騒ぎがありました。

iPhone6s/6s Plus(2015年)

iPhone6/6Plusのマイナーチェンジ版。「3D touch」と呼ばれる、ディスプレイのバックライトに組み込まれた容量性センサーが圧力を検出する機能が追加されました。これにより浅く押し込んだ時と深く押し込んだ時に別々の操作が可能になりました。

また新色としてローズゴールドが追加され、その端末でPerfumeが自撮りを楽しむシーンがCMに映し出されるなど話題になりました。

iPhone SE(2016年)

1p8a0815

SEは「Special Edition」の略。「大型化したiPhoneは使いづらい」というユーザーの需要に対応するべく発売されたモデルです。

見た目はiPhone5とウリ2つですが、iPhone6s/6s Plusと同じチップが採用されていたり、カラーバリエーションにローズゴールドが設定されているなど変化点もあります。

iPhone7/iPhone7 Plus(2016年)

image5

iPhone7では大きな変化がありました。まず本体に防水・防塵仕様を謳っていること、そしてイヤホンジャックが廃止されたこと、さらに日本発売モデル限定でApple Payに対応したFelicaを搭載しSuicaを利用できるようになったことが挙げられます。Androidの世界的な普及でiPhoneの成長も鈍化している中、圧倒的なiPhone人気を誇る日本市場に擦り寄ったことになりますが、多くのユーザーは好意的に受け入れられているようです。

カメラはF値が1.8と向上し、暗い場所での撮影が有利になったほか、7Plusでは従来の広角レンズの他に望遠レンズが搭載されズームでも高精細の写真が撮影できるようになりました。

今後のiPhoneは?

10周年イヤーに登場するiPhoneに、大きな注目が集まっています。これまでは2年ごとにビッグチェンジが行われてきたiPhoneですが、2017年後半に明らかになる後継機は7sをすっ飛ばして8になるのではないかとウワサされています。

その他、後継機でいわれているウワサは以下の通りです。

・急速充電に対応する

・曲面有機ELディスプレイの採用

・ホームボタンを廃止した全面ディスプレイ化

・ディスプレイのどの部分に触っても指紋認証可能

・3Dカメラに対応する

iphoneconceptimage

(出典:itstrike.biz/)

10年間のiPhoneの進化は目まぐるしいものがありスマートフォン市場を牽引してきた一方、iPhone自体には目新しい機能、ワクワクするものが無くなったいう意見も多くなってきました。

果たして、後継iPhoneは次の10年を創るモデルとなるのでしょうか?

↓アンケート企画にご協力ください