2016年末ジャンボ宝くじ10億/ミニ1億/プチ1000万の確率&高額当せんを狙うには?

1等前後賞合わせて10億円の年末ジャンボ宝くじ。ジャンボ宝くじは高額賞金化が止まらず2015年の年末ジャンボ宝くじで初めて10億円の大台に乗りました。

ホントに当たるの?今回は「2016年末ジャンボ(以下、年末ジャンボ)」&同時発売の「年末ジャンボミニ1億円(以下、年末ジャンボミニ)」、さらに年末ジャンボプチ1000万(以下、年末ジャンボプチ)を見ていきます。

発売概要

発売期間 2016年11月24日(木)から
2016年12月23日(金)まで
抽せん日 2016年12月31日(土)
抽せん会場 赤坂ACTシアター(東京)
販売価格 1枚300円

※上記概要は年末ジャンボ/年末ジャンボミニ/年末ジャンボプチ共通です。

確率から見る年末ジャンボの狙い目

2015年夏まで、ジャンボは1等の確率が1,000万分の1でありましたが、例えていうなら雷に撃たれる確率が1,000万分の1といわれています。

そして今回の年末ジャンボ1等賞金は7億円、その確率はなんと2,000万分の1!雷に2回撃たれるのと一緒?いやぁー、1回目に撃たれたら命を落とすだろうから2回も無いだろう・・・というくらいのとんでもない低確率です。

1等なんか絶対当たらない!そんな年末ジャンボですが、狙い目が全く無いワケでもありません。今年はこんな賞が用意されています。

【ジャンボ】2等1500万円、組違い賞50万円を狙え!

昨年同様、1等・前後賞10億円が目玉の年末ジャンボですがこんな天文学的確率のくじは当たらないと思ってしまうのもムリはありません。ところが当せん金を見てみると、ある変化点があります。

それは2等が1000万円→1500万円に、1等の組違い賞が10万円→50万円に増額されていること。

それぞれの当せん確率は昨年末の2等、1等の組違い賞と一緒ですので、組番を気にせず数字が6ケタ揃うところを狙ってみましょう!

2016年末ジャンボ 当せん確率表

(赤字は2015年末に比べて増額・青字は2015年末に比べて減額)

等級 当せん金額 確率
1等 700,000,000円 20,000,000分の1
1等の前後賞 150,000,000円 10,000,000分の1
1等の組違い賞 500,000円 100,503分の1
2等 15,000,000円 1,000,000分の1
3等 1,000,000円 100,000分の1
4等 10,000円 1,000分の1
5等 3,000円 100分の1
6等 300円 10分の1

【ミニ】1等1億円、2等100万円を狙え!

年末ジャンボミニは5等制から4等制へ。

1等はこれまでの7000万円から1億円に増額されました。当せん確率も約142万分の1と下がりましたがロト6の1億円が約610万分の1であることを考えるとかなり高確率といえます。

3等の5万円が無くなり2等100万円の当せん確率が2倍(10万分の1→5万分の1)になりました!これは年末ジャンボの3等と比べても2倍となるため、100万円を狙うなら年末ジャンボミニで決まりです!

2016年末ジャンボミニ1億円 当せん確率表

(赤字は2015年末に比べて増額・青字は2015年末に比べて減額)

等級 当せん金額 確率
1等 100,000,000円 1,428,571分の1
2等 1,000,000円 50,000分の1
3等 3,000円 100分の1
4等 300円 10分の1

【プチ】1等1000万円だけを狙え!

今回新しく登場した年末ジャンボプチは1等1000万円の当せん確率が10万分の1!

年末ジャンボ3等(100万円)の当せん確率と同等。つまり1000万円を狙うのであれば年末ジャンボプチを買うのが吉ということでしょう。

2等の1万円も500分の1の低確率ですがほかのギャンブルやっていたほうがゲットしやすいのでここはとにかく1000万円狙いでいくのみです。

2016年末ジャンボプチ1000万円 当せん確率表

等級 当せん金額 確率
1等 10,000,000円 100,000分の1
2等 10,000円 500分の1
3等 3,00円 10分の1

高額当せんを狙うには?

ここからは、年末ジャンボ/ミニ/プチの高額当せんに近づける情報をお送りします。

一粒万倍日+天赦日を狙え!

一粒万倍(いちりゅうまんばい)とは、たった一粒の籾(もみ)が万倍になるという意味で、一粒万倍日は何か新しい物事を始めるのに最適な日とされています。

天赦日(てんしゃにち)とは年に5~6回しかない貴重な開運日で、日本の暦の上で最上の吉日といわれています。

日にち 一粒万倍日  天赦日 
11月24日(木)
12月5日(月)
12月6日(火)
12月7日(水)
12月8日(木)
12月19日(月)
12月20日(火)

↑2016年末ジャンボ発売期間で一粒万倍日と天赦日が重なる日が1日だけあり、12月8日(木曜日)にあたります。

宝くじの購入にあたって演技を担ぎたい方は「一粒万倍日+天赦日」を狙うといいかもしれません。

金運は西から

「西」という方角は金運と相性が良いといいます。部屋の西に黄色いものを置いたり、売り場の方角も西にこだわったところを選ぶ方もいらっしゃるようです。大切に保管できるように仏壇の引き出しに入れるという方も多いようですね。

「黄色い袋に入れて宝くじを保管していたら当せんした」という情報もあります。

高額当せんをゲットする売場

高額当せんの売場といえば、1等が多く出ている売場に限ります!たくさんの方が購入しているということにもなりますが、出ない売場で買うよりも期待値はあるもの。

上記の「西」にこだわった売場を紹介します。

大阪駅前第4ビル特設売場

住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4
営業時間:8:00〜20:00

431641eb d3b92162

やっぱり西のメッカは裏切りません!2014年末ジャンボ宝くじで1等前後賞7億円が4本、2015年末ジャンボでは、1等前後賞10億円を2本的中させる脅威の実績!東のメッカといわれる西銀座チャンスセンターも及びませんでした。

ちなみに2015年末ジャンボミニでも1等7,000万円を3本輩出。

今年1等1億円に増額されたジャンボミニ・1等1000万円のジャンボプチでも高額当せんを狙うならここでしょう!

地下鉄京都チャンスセンター

住所:京都府京都市下京区東塩小路町地内 地下鉄京都駅構内
営業時間 :8:30 ~ 18:50

dsc_0009

同じ西日本の京都でも、高額当せんの売り場があります。地下鉄京都チャンスセンターはお世辞にもそれほど大きくない売り場ながら2015年末ジャンボ宝くじで1等前後賞10億円が1本出ています!

「大阪駅前第4ビルで買うと混み合いそうだから・・・」という方はこちらの売り場を狙うのもいかがでしょうか。

というワケで一攫千金を狙いたい方のご参考になれば幸いです。
(※記事中、誤記ありましたら私のTwitter経由でお知らせください。)