イビサ島の「カフェ・デル・マール」で世界一綺麗な夕日を眺めましょう!

世界一の夕陽はどこなのか?

その場所を探してみたら、やはりあの島にありました!

イビサ島のカフェ・デル・マールです。

カフェ・デル・マールは世界で最も有名なバーの1つとして知られています。

DSC_0989

まずは眺めが素晴らしい!テラス席は予約でいっぱいです!

DSC_0990

私は飛び込みで来たのでこちらのカウンター付近の席に座りました。

DSC_0993

ここではドリンク1つ注文するたびに、フードを1つオーダーしなければいけない決まりがあるそうです。

DSC_0994

まずはモヒート(Mojito) を頼みました(15ユーロ)。モヒートはラムをベースとした、冷たいタイプのドリンクで日本でも最近流行っていますね〜。

DSC_0997

フードはフォカッチャ・ベジタリーナ(Focaccia vegetariana) をオーダー。(11ユーロ)シャキッとしたレタスとピーマンの相性が抜群です!

DSC_1001

もう一杯、アムステル・シャンディ(Amstel shandy) をオーダーした(8ユーロ)ので、ここはドカンとピザ・マルゲリータ(Pizza margherita)をチョイス!(13ユーロ)

DSC_1003

1枚まるまる食べてお腹もいっぱいになれます。

DSC_1005

カフェ・デル・マールで夕方の食事を堪能したので、いよいよ浜辺に出てみます。

イビサの夕陽は、今まで見る夕陽と何か違う

午後9時。

DSC_1009

カフェではDJがサンセットに合う曲を流し始めていました。

そして、ここにいる誰もが地中海の水平線の向こうを見ていました。

DSC_1033

イビサで見る夕陽は、ほかの場所では感じなかった特別な夕陽な気がしました。

毎日訪れるはずの日没なのに、これほど心待ちにしながらその瞬間を迎えたことは今までありませんでした。

DSC_1058

太陽がまさに水平線に吸い込まれるようにして入っていくと、ある女性たちは寄り添って視線をそらしませんでした。

 

そして完全に沈んだ瞬間、眺めていた人達から拍手がわき起こりました。

スクリーンショット 2016-08-15 22.22.39

海岸で見ていた人も船上で見ていた人も、みんな笑顔になっていました。

「今日の夕陽を逃すと永遠に見られない」

イビサの夕陽が世界一美しい理由は、感動を与えてくれることです。

一生に一度は訪れることを強くオススメします!