京都競馬場でのオススメ撮影スポットはここだ!(2周年記念ネタまつり 東西旅打ち)

毎度おなじみ、WInd.でございます。

「かぜさいと」2周年記念ネタまつりは「東西旅打ち」。この1週間、競馬場を訪れ様々な写真を撮影していきます。

旅打ちとは?

ギャンブルを行うために旅をするということを意味します。今ではインターネット投票などで全国どこからでも競馬が楽しめるようになりましたが、馬や騎手を間近で見れたり生で感じることができるのは実際の競馬場でしか味わえません!

今回は京都競馬場に足を運びます。

京都競馬場へ行くには?

東京競馬場へは公共交通機関で行ったほうが便利です。

京阪本線淀駅から連絡歩道橋で約2分。JR京都駅からだと、近鉄京都線の近鉄丹波橋駅で京阪本線の「中書島・枚方市・淀屋橋・中之島線方面」へ乗り換えて3駅です。

京都競馬場・オススメ撮影スポット

●パドック東側

スクリーンショット 2016-05-03 13.14.01

京都のパドックは円形のため、馬の歩行が安定しにくく難しいのですが騎手控え室から出てくる騎手の様子を撮影できるこちらのポイントはシャッターチャンスが広がります。

1P8A1369

ルメール騎手。午前中に撮影。午後は逆光に注意しましょう。

1P8A1380

●ウィナーズサークル東側関係者歩道沿い

スクリーンショット 2016-05-03 13.14.27

本馬場入場・レース・勝利馬や騎手の様子を1ヶ所で抑えたいならここです!この日は天皇賞・春が行われていました。それなりに混雑はありましたが、それでも早めの時間から抑えておけば問題はありません。

こちらから撮影した写真を私のTwitterよりご紹介。

俳優の草刈正雄さんが来場されていました。

関西の競馬場に足を運んでみたい方はぜひ京都競馬場を訪れてみてください。