東京→大宮 グランクラスに25分だけ乗って全力で楽しもう!(東北/北陸/北海道新幹線)

2011年3月から東北新幹線・E5系車両でスタートした「グランクラス」

グリーン車のさらに上位に位置し、新幹線のファーストクラスに位置します。E5系車両の場合、定員は731名ですがそのうちグリーン車の定員は55名、グランクラスはさらに少ない18名。これだけでプレミアム感を感じることでしょう。

IMG_0809

今回乗車した列車は東京発仙台行きのやまびこ213号。最後まで乗車するワケではなく、大宮駅まで乗車します。東京から大宮までなら在来線で乗ってもそれほど時間がかからないし(約31分)安い(550円)のに、グランクラスは25分間で8.770円!16倍近くの値段をかけて大宮へ向かうのですから、とにかく楽しめるものは楽しまないと損ですね!

ラウンジでくつろぐ

IMG_0810

「グランクラスでなるべく損しない旅」の始まりは東京駅にある「ビューゴールドラウンジ」から。東京駅のど真ん中にあって喧騒を感じない落ち着いた空間です。

東京駅の「ビューゴールドラウンジ」をグランクラス券で使ってみたよ

東京駅にて

IMG_0818

新幹線ホームへ向かいます。

IMG_0819

21番線の階段を上り・・・

IMG_0821 IMG_0822

乗車位置に到着しました。

IMG_0825

今回の主役、E5系が入線してきました。

IMG_0830 IMG_0828

グランクラスのマークが誇らしげに輝いています!

車内にて

IMG_0831

10号車に乗り込み、擦りガラスの無い扉を開けましょう!

IMG_0834

いやぁ、この本皮シート。惚れ惚れとしてしまいますねぇ。。。

IMG_0833 IMG_0832

飛行機を思わせるふた付きの荷物入れ。リュックが小さく見えるくらい大容量です!

IMG_0838

リクライニングはスイッチ1つで自由自在。

IMG_0841

最大角は45°、後ろの席も気にならないシート構造になっています。

IMG_0835

足を伸ばしても前の席に当たりません!こんな列車、今まであったでしょうか?

IMG_0861

シェードを閉めれば、それこそ爆睡できちゃいますね。

IMG_0843

座席右側面の引き出しを開けると・・・

IMG_0844

大きなテーブルが出来上がります。

IMG_0845

「おっと、もう上野だ!」

IMG_0857

残り19分、アテンダントボタンでオーダーしてみましょう。

「ピピピ・・・」と鳴ってほどなく、グランクラス専属のアテンダントがやってきます。ネ申対応です。

IMG_0848

ひと通り、持ってきていただきました。右上から白ワイン、洋軽食、お菓子、おつまみ、アメニティの靴べら(持ち帰り可能)、アイマスク(同)、おしぼりです。ここにはありませんがスリッパも持ち帰り可能。

IMG_0855

洋軽食は岩手県産ロースハムとサワークリーム風味オニオンポテトサラダサンド、焙煎ごまごぼうチキンサラダサンド、チキンロール、青森県産りんごプレザーブ赤ワイン漬、キウイフルーツというメニュー。サンドイッチはすげー美味しかった!

IMG_0856

チキンロールも全部食べるのがもったいないくらいの味でした!

IMG_0860

埼玉県内に入りましたがグランクラスはアルコール飲み放題なので、ビールのおかわりをしました。出てくるのはもちろんプレミアムビール。呑んべぇにはたまりませんなぁー。

大宮に着いてしまう前に駆け足で付帯設備も見てみましょう!

IMG_0864

グランクラスのデッキは広々としています。ドアの開口部も私2人分くらいの広さです!

IMG_0865

グランクラスのトイレ。

IMG_0866

グランクラスの洗面台。

大宮駅にて

IMG_0874

あっという間の大宮駅でしたー!

本来550円あれば行ける区間を8,770円で移動した感想はこんなに全力で楽しんだ25分間は無かったなぁ、と。

逆にいえばグランクラスに3時間だらだら乗っているよりよっぽど楽しいのでは?

●東京駅のラウンジで過ごす

●大宮駅まで買って25分間全力で楽しむ

グランクラスの新しい乗り方を見つけましたね。