おたくは豊富な知識や経験をnoteに書いてひと稼ぎしてみましょう

最近note(ノート)が話題となっております。

紙の「ノート」でも日産車の「NOTE」でもありません!

noteとは?

noteはクリエイターが気軽にコンテンツを制作して公開するサービスです。

特に注目を集めているのが有料コンテンツの存在です。

ご存じはあちゅうさん、イケハヤさんもnoteで有料コンテンツを制作したりして収益を生み出しています。

wind.(かぜ) (windkaze)|note

↑私もnoteアカウントを作成し、コンテンツを制作してみました。これが実に面白い!

日々ブログを書く作業も楽しいのですが、noteではまた違った「創る歓び」みたいなものを感じます。

noteを知らない方のために、まずは解説からお送りしましょう。

noteの魅力をお伝えします

書けなかったことを堂々と書ける

書き手側からいえば「有料だからぶっちゃけよう」という気にさせてくれます。

特に「詳細な収益を公開する」コンテンツはクローズドな場で見せるのに適していますね!

導入部分を無料公開し、その範囲を設定できる

note1

noteでは1つの有料コンテンツを制作するにあたり全て有料にすることもできますし、導入部分を無料にして「続きは有料で」という区切りも付けられます。この無料部分の印象が良いと「有料も読もう」という気持ちにさせるのです。

100円から決められる価格設定

スクリーンショット 2016-01-10 16.34.00

noteのコンテンツは、作者が自由に価格を決められることです。1つのコンテンツにつき100円〜10,000円まで設定できるとのこと。私が見た限りでは1,000円のコンテンツを販売していた方がいらっしゃいました。いくらにするかは作者次第です。

noteに登録してみましょう(無料です)

「書いた記事が本当に売れるの?」と思われた方、もちろん挑戦していただいて欲しいです。

特に「おたく」こそ有料コンテンツを作るべきだと思います。アイドルヲタは自身の活動をブログやTwitterで公開しているのをよく目にしましたが、基本的に消費ばかりでした。ヲタは何も無いところから生み出すのが難しいとされてきましたが、ヲタ活やノウハウを公開して軍資金稼ぎをしたらいいと思います。

【追記】

詳しいアイデアや方法をコンテンツ化してみました。以下のコンテンツに書いたアイデアはジュース1本分の値段であなたのものです!有料コンテンツ作りの参考にし、握手券代を生み出していただきたいと思います。

誰もやっていないテーマを作ろう。おたくだった僕が考えるコンテンツのアイデア一挙掲載。(100円)

ちなみに、先日はnoteでこんなことを書きました。

僕が考える「理想のライフスタイル」とそれを実現するために実践していること(100円)

「有料コンテンツってこんな感じでいいんだー」って思っていただけるはずです。

 

あなたの豊富な知識や経験をnoteで生かしてみましょう!まずは無料で新規登録を。

スクリーンショット 2016-01-10 17.00.51

(※「かぜさいとを見ました!」と私に連絡していただければ、もれなくフォローいたします。)