静岡のミニマリストになりたいアラサーが、現在色々考えていること

もうCDもDVDもいらない!!ミニマムライフが加速しています。

↑「かぜさいと」では何度かミニマムライフのお話をしております。

2015年話題になった「ミニマリスト」という言葉。それに影響されてか、関連した書籍が続々と発行されています。

モノがあれば必ず豊かになるという時代は終わりに差し掛かっていると思います。必要なモノだけを残し、

たとえば「洗剤」 などは洗剤のいらないスポンジにすればいいと思いますし、大きな冷蔵庫も必要ありません。冬の間は電源を落とすことによって電気代節約にもつながります。

また最近「バスタオルもいらないね」という話もあります。カラダを拭く分にはそんなに大きなタオルでなくても十分なのでしょう。

段ボール箱、残りわずかとなりました。
DSC_0728
というワケで、押し入れに入っている段ボール箱も残り少なくなってきました!

「段ボール4箱分の荷物で生活する」という目標も着実に近づきつつあります。
まだまだ私は「ミニマリスト」という域には達しておりませんし、おそらく余計なモノもいくつか残っていくんでしょうけど、モノを減らすことによって何か身動きが取りやすくなるということは間違いないことで、定期的にモノのピックアップをしていったほうが、自分にとって本当に 大切なモノが絞られていくと思いますね。

これからはCDもDVDも、紙の本もいりません。