「日本国民は憲法9条で守られてきた」のは大ウソ

安保法案が国会で成立して以降落ち着いてきたため、いよいよこの件に関して私見を述べてみようと思います。

タイトルをご覧になった方の中には「お前は右翼か」とお思いになるかもしれませんが、そもそも今回の件について、右とか左とか関係ないと思います。

ご存知の通り、安保法案のマスコミ報道はかなり偏向しています。国会前では反対意見の方々が大声を上げてデモをされていたようですが、賛成の方のデモも行われていたことを知っている方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?


↑この動画は『平和安­全法制推進!日­本を守れ!国民大行動』のデモ隊と、「安倍晋三辞めろ!」と罵声を浴び続けるデモ隊が車道を隔てて映っています。前者のデモ隊の中には「NO WAR」と書かれたプラカードを掲げている参加者がおりますし、後者は・・・言うまでもありません。つまり「戦争を起こさせない」という方向性では一致しており「日本の平和を守るための意思表示」としては両者とも変わりないように思えます。

ここで安保法案に反対だった皆さんは、当然「憲法9条を守る」と意見をお持ちのようです。その理由は様々ありますがその1つとして「憲法9条が日本を守ってきた」という方がいらっしゃいます。

憲法9条が日本を守ってきたのではない!
憲法9条が日本にとって重要な意味を持っているのはよく分かります。しかし憲法9条は日本を守ってません!

①日本を守ってきたのは自衛隊と日米安保体制だ
戦後、自衛隊の結成当初も「自衛隊は軍隊だ」とみなす者がいたようですが、自衛隊はこれまで日本の防衛に大きな役割を果たしてきました。防衛だけではなく災害救助においても自衛隊の存在が多くの日本国民を救ったことは例を挙げなくても分かります。さらに1960年にアメリカとの安保条約が結ばれて以降、アメリカに助けられてきたことも大きいと思います。

ちなみに私は航空自衛隊の基地の近くに住んでおります。早朝より飛行音を発しながら航空機が離発着している日常を目撃していますので、日々の任務・努力には深く感謝しております。

②憲法9条の矛盾
百歩譲って「憲法9条が日本を守ってきた」という主張が正しいのであれば、なぜ竹島は韓国に盗まれたのでしょうか?「憲法9条が正しい」というのであれば、なぜ北朝鮮の拉致被害者を取りもどすことができないのでしょうか?

【日本国憲法第9条】
①日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
②前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

↑このような憲法で永遠に国が守られるのであれば、他の国も採用し世界はハッピーになっていることでしょう。追随する国が出ないということは、他国が攻め込まれた際は何らかの防衛手段を行使しなければいけないことを意味し、仮に今回の法案が通らなかった場合、日本は何もできず「遺憾だ」と言い続けるほかないことを意味します。

内容はともかく某学生団体のように安保法案に対して声を上げること自体私は否定しません。そんな反対デモ集団を味方につけて「民意」だといい、審議の足かせを長々と行った民主党の体たらくぶりがまたも露呈する結果となりました。民主党議員は昼夜関係なく反対派のために頑張ったところをTVでアピールしていたように見られますが、彼らに国会議員としての資格は無いと思います。

改憲であれ、加憲であれ、日本国憲法を見直す時期にいよいよ来ているのではないでしょうか。