なでしこリーグ・スペランツァFC大阪高槻を支援したい!その理由は?

201208310039_b
なでしこ1部リーグ・スペランツァFC大阪高槻が「活動支援金」の募集を開始しています。

記憶にも新しいFIFA女子ワールドカップでのサッカー女子日本代表(以下、なでしこジャパン)の活躍。

2011年大会の優勝は、東日本大震災で暗くなっていた日本に感動と希望を与えました。

2015年大会は準優勝となりましたが、最後まで諦めずに戦う姿に多くの人々が熱狂しました。

このように、なでしこは大きな大会があるたびに注目されますがそれは同時に「ブーム」で終わってしまうことが懸念されています。

なぜ、支援を募集しているの?
元なでしこジャパンで、現在スペランツァFC大阪高槻でプレイをしている丸山桂里奈選手は自身の公式ブログにて以下のように綴っています。

私達スペランツァFC大阪高槻は、今チーム存続危機にあります。
毎日、練習でみんなと顔を合わせるたんびに今日も練習出来るんだという気持ちと
これから先私たちはサッカー出来るのかな?とか
そういう気持ちでいます。
選手一同、今思うことは一つです。
このチームでサッカーしたい。です。

(中略)

なでしこリーグですが、なかなか結果を残せない状況が続いています。
以前私が、日本とアメリカの環境の違うを書きましたが・・・・
環境もそうですが、やっぱりまた見たい、応援したいって思えるようなプレーを個人としてもチームとしてもやっていかないといけなくて
私が逆になった時に弱いチームを応援するのかな?とかわざわざスタジアムまで見に行くかな?とか色々考えていました。
もちろん、環境はどのチームも違います。
今高槻は環境の面でも一番悪いとも思います。
ただ、スタジアムに来てください、女子サッカーもっと見てくださいと言うのなら
私たち自身ももっともっと個人として努力して自分の持ってるものを磨いてレベルアップしていかないといけないと思います。  

(中略)

スペランツァはみんな昼間働いて、練習の時間は毎日19時から21時までの2時間です。
そんな中でもこの環境が当たり前だからとひたむきにいます。
ちょっとでも少しでも環境が良くなったら、もっと違うのにと思うこともあります。
でも、こういう環境だからこそこの中でも絶対出来るってことを証明したいと言う気持ちもあります。
私達のチームは、若い選手で有望な選手が本当に沢山います。
そんな選手の未来が輝くように、絶対にスペランツァというチームを潰したくないし、みんなが安心してサッカー出来るように、どうにか今はチームが存続するようにとにかく私たち選手も、選手として何が出来るかを考えています。

(引用:【ご報告】|丸山桂里奈オフィシャルブログ「マルカリトーレ」)

と現在の所属選手としてサッカーを続けていきたい想いを明かしています。

ブームを文化にしていくために
なでしこリーグに所属する選手の多くが厳しい環境で戦っていることは知っていたものの、ここまで大変だったとは・・・

世界の頂点に立ったことがある丸山選手でさえ、恵まれているとは言い難い環境で日々頑張っているんですね。

↑このたびスペランツァ大阪高槻選手会支援金の募集が始まり、8月5日に専用口座の開設が発表されました。

【ゆうちょ銀行】
※ゆうちょ銀行から
記号:14020 番号:3956271

※他金融機関から
店名:四◯八(普通) 番号:0395627

私は微力ながら支援させていただきました。なでしこサッカーが文化として根付くように、呼びかけていきたいと思います。

スペランツァFC 大阪高槻(オフィシャルサイト)
スペランツァFC 大阪高槻(Facebookページ)