夏コミ(C88)にサークル参加するので、色んなことを考えています

6月12日には既に当選通知が来ておりましたが、私のサークル「多分、ひとり。」がコミックマーケット88に参加することになりました。

私は2013年からコミケで同人誌の頒布を開始。

ある人いわく「おたくの全国大会」であるコミケには様々なジャンルから同人誌や同人グッズを目にすることができます。

私の書いている同人誌は「旅行本」でして、イラストは表紙のみで中身は写真や文章で構成しています。

大体のサークルさんってまだコミケ1ヶ月前は新刊の表紙が出来上がっていないことが多いんですよね。私もその例に漏れなく該当します(笑)

今回の新刊は、私が海外で最も多く旅をしている場所、シンガポール。

観光客の多いシンガポールですが、9月のF1レースは通常に比べて多くの国から人が集まり、今やシンガポール政府にとってはドル箱イベントとなっています!
P9230254

【参考記事】
人気ナイトレース!F1シンガポールGP 5つの魅力

【サークルカットです】
539b8ec6-a744-4fa9-82b7-ffb3ec2ce91a

当日に向けて、どんなことを計画しているか?

今回は今までの実績が反映されたのか(それとも単なる偶然か)、島端に配置されました。ですからこれまでのサークル参加よりモチベーションが上がっています。

まぁ、やることは基本的には新刊の制作がメインですけどね。

①新刊の表紙を描いてもらう
今まで印刷以外は全て私自身が制作していたのですが、友人が「本づくりの手伝いをしたい」ということでしたので上記のテーマに沿って描いてもらっているところです。

その作品を採用するかどうかは分かりません。最終的には私の判断で決めようと思っています。

②販売方法を増やす
現在、COMIC ZINさんで委託販売をしております。

多分、ひとり。 – COMIC ZIN 通信販売/商品一覧ページ

お手にとっていただいた方には本当に感謝しておりますが、紙の本ですので在庫が無くなったらまた印刷して納品しなければいけないことを考えるとなかなか大変です。

現在考えているのはKindleを使っての電子書籍化です!これを活用することによって在庫スペースを取らず、データですので実質無限となります。

紙の本と電子本の両方を扱っている同人サークルさんは少ないので、試みとしてはやりがいがあるでしょう。

③サークルチケットの活用方法
前回のコミケットスペシャル6参加時もそうでしたが、基本的には1人で設営・販売・撤収できてしまいます。

コミケは基本的に1サークルあたり3枚のサークルチケットがあるため、残り2枚は知り合いや友人に“募集”して、1日に20万人近く集まる「戦場」の様子を体験してもらったりしています。
IMG_4138
↑早朝、東京ビッグサイトに通じる階段は人で埋め尽くされます。

今回はサークルチケットの「枠」も埋まりそうです。1枚は浜松の友人に、もう1枚は東京の友人に渡す予定です。

そういえば
近所で同人ゲームを作っている人がいて同じくコミケに自作ソフトを持ち込むようです・・・なんだか色んな話ができそうなので、コミケの魅力についてはまた時間があったら書いていきますね。