大盛況のスターウォーズ展を見た感想&エピソード7が2015年末公開!

IMG_1259
2015年4月29日から6月28日まで六本木ヒルズ展望台東京シティビュー内スカイギャラリーで開催されている「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」に遅ればせながら行ってまいりました。


スターウォーズといえば、12月18日に公開されるエピソード7にあたる新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 を控えており改めて過去のエピソード1〜6を振り返るという意味でも参考になるでしょう。

IMG_1260
 


展示物の多くは撮影禁止だったこともあり、感想のみとさせて頂きます。

まず6つのセクションに分かれており「スター・ウォーズの原点」「フォースの光と闇」「戦いと兵器」「サーガと運命の肖像」「銀河と生態系」「ドロイドが見たサーガ」があり、各セクションが繋がっています。

黒澤明に影響を受けたスターウォーズの世界
ジョージ・ルーカス監督は「フラッシュ・ゴートン」から心躍る宇宙冒険活劇を創造し、また故黒澤明監督の「隠し砦の三悪人」の登場人物の設定からインスピレーションを受け、これがスター・ウォーズの原点となっているとのことです。

黒澤氏の「七人の侍」からも影響を受けているルーカス氏。日本人にも受け入れられた作品に繋がっているのはこのようなことがあったからかもしれません。

スター・ウォーズの二次創作とそれらを上回るオリジナルの創作意欲
スター・ウォーズで最も有名な武器といえば「ライトセーバー」。映画で使われたライトセーバーとともに、フォースをテーマにしたアート作品が展示されていました。

それぞれのアーティストが描くアートはまさに「スター・ウォーズの二次創作」であり拡大解釈とも捉える作品ばかりです。

ここに展示されているアーティストの絵、上手過ぎです。私はたまに美術館で絵画に触れる機会がありますが、特定の作品に対する愛情が1つのアートを高いレベルに持っていくんだと感じます。

そして、アーティストの想像力も見事なのですがオリジナルはさらに先を進んでおり、6部作を完成させ、さらに3部作のアイデアを膨らませるルーカス氏の創作意欲には驚かされるモノがあります!

グッズ紹介
IMG_1269
今回スター・ウォーズ展に同行した友人が会場出口付近のスペシャルショップで購入したグッズをいくつか紹介します。

IMG_1264
IMG_1265
↑ロゴとキャラクターが描かれたマグカップ

IMG_1266
↑表紙にR2-D2が描かれたB6ノート

IMG_1267
↑小皿。デザインはこのほかにもいくつかあるようです。

醤油用に使うといいかもしれません(笑)

意外だったのは、会場内でスター・ウォーズの映像を紹介しているにも関わらずこのショップには映画のDVDが置いていなかったという点。大人の事情でしょうか!?

というわけで、今までのスター・ウォーズをもう1度見てみたいと思う私なのでした。

【スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。】
会期:2015年4月29日(水・祝)~6月28日(日)10時~22時(最終入場:21:30)※会期中無休 
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)
入場料:一般1,800円、高校生・大学生1,200円、4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円
※展望台、森美術館への入場も可能です。
※屋上スカイデッキは別途500円かかります。 

スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。