スペインの新進気鋭なワイナリーが作った赤ワイン“ヴェルム・ティント”が届いたよ

IMG_0459

バルセロナで中華料理店の開業を目指す日本人を支援したい件について

渋谷と高崎にある中華料理店「チャイニーズ・ファン」の支援をさせて頂いた私。

上の写真はそのオーナーの友人・エリアス・ロペス・モンテロ氏が醸造した赤ワイン「ヴェルム・ティント」です。

ヴェルム・ティントとは?
エリアス氏はヴェガ・シチリアの醸造家マリアノ・ガルシア氏が責任を務めるワイナリーで赤ワインの醸造を学び、2005年にワイナリーを設立したとのことです。

ヴェルムとはラテン語で「真実」という意味があるそうです。またティントとはスペイン語で「染まった」という意味を指すようで、カベルネ・ソーヴィニヨンを主体とし、メルロー種とスペイン高級品種であるテンプラニーリョ種をブレンドしております。

それは代々受け継いできた思いの元、大地において、ワイン造りにおいて、また、すべてにおいて真実でありたいという事から「ヴェルム・ティント」と名付けられました。 

出典:ヴェルム ティント 2010 

エリアス氏は時々日本に足を運ばれるほどの親日家だそうです。東日本大震災の際には復興チャリティーコンサートも行うほどでした。

スパイシーな味わい?
私は普段赤ワインを口にしないため、飲み比べてどうかということは難しいですが、スパイシーさが感じられるということは言えるでしょう。

そもそもチャイニーズ・ファンさんから頂いたヴェルム・ティントですので、ワイン単体で楽しむよりは中華料理とともに飲んでみたいと思っております。

近日チャイニーズ・ファンさんのパーティーに参加させて頂いたときに、「中華料理とワイン 」の関係についてお聞きできればと思っております。

CHINESE ・FAN