さよならiOS6まつり! iPhone6・iPhone5と最初で最後の徹底比較をしてみた

9月25日、私がソフトバンクオンラインショップで注文したiPhone6が到着しました。

今回は、今まで持っていた2世代前のモデルである「iPhone5」と比較してみました。

iPhone5Sと比較するサイトは結構あったのですが、2つ前のモデルと、しかもこちらも2つ前の使い慣れた「iOS6」と比較することで2年間のiPhoneの進化を確認することができるはずです!

【※これ以降の写真について】
左側・・・iOS6を搭載したiPhone5(シルバー)
右側・・・iOS8を搭載したiPhone6(ゴールド)

です。お間違いなく。

正面
IMG_0013
まずは本体の大きさ、iPhone5は4インチ(1136×640ピクセル)の液晶でありましたがiPhone6は4.7インチ(1334 x 750ピクセル)と大きさ、解像度ともに上がっています。

ホームボタンは5の頃は四角いアイコンがありましたが、5Sから搭載されている「Touch ID」によりアイコンはなくなりました。6でもそれは引き継がれています。

そして画面のアイコンが妙に違うことに気づくでしょうか?iOS6までは立体的なアイコンを採用していましたが、iOS7からフラットなデザインになっています。今回のiPhone6に搭載されているiOS8でもそのデザインが踏襲されています。

実は私はこのフラットなデザインに抵抗を感じており、iOS7がリリースされて以降も使い慣れたiOS6のままにしていました。

05
iPhone5自体も使い込んできたためiPhone6の買い換えとなったのですが、それは同時に使い慣れたOSとの別れも受け入れなければならなかったのです・・・

よって今回は「さよならiOS6まつり!」というサブタイトルを付けています。 

背面
IMG_0019
 端末を大事に扱いたいということでフィルムを貼ったままにしていました(笑)

リンゴマークの大きさはほぼ変わらず、といったところでしょうか。

右側面
IMG_0023
 SIMを入れる部分ですが・・・iPhone6には上に電源ボタンがあります。

液晶が大きくなり、従来の位置では人差し指が届かない人もいるため、親指が届く位置に変更されたのだと考えられます。

左側面
IMG_0021
 音声ボタンとサウンドスイッチの配置は従来通りですが、形状が変更されています。

こうして見ると、iPhone6がいかに本体を薄くしてきているかが分かりますね。

ヤフートップ
 IMG_0015
safariのブラウザです。当然iPhone6のほうが一度に閲覧できる範囲が広がっています。

株式
IMG_0016
 株価チェックも大幅にデザインが変更されていたことが分かります。

為替
IMG_0014
マネーパートナーズのFXアプリ「HyperSpeed Touch」です。iPhone6のほうが画面が大きい分、見やすくなっています。

電卓
IMG_0017
電卓に至るまでフラットなデザインになっていました!

設定画面
IMG_0018
iPhone5の画面に表示されている設定画面にある

「一般       ①」

という表示。

iOSをアップグレードせずに耐えたことにより、この①という数字はずっと消えませんでした。

iOS8になったiPhone6を使っていくうちに慣れていくと思いますが、それでもこのスキューモーフィズムなデザインは2009年からiPhoneを使い続けてきた私にとって無くてはならない存在でした。

今までiOS6にはお世話になりました。

またどこかでお会いしましょう。 

OSXもフラットデザインになりましたので、比較ネタを作りましたよ!
さよならOS X Mavericksまつり?新MacBook(Early 2015)とMacBook Airを比較してみた