ファミマとマックのナゲットが販売中止・・・調べたら意外な結果が!

IMG_8004
(チキンマックナゲット:イメージ)

上海の食品加工会社で“肉の偽装”

中国のマクドナルドなどに肉を出荷している上海の食品加工会社で使用期限の偽装が行われていると中国メディアが20日までに報じて問題となっています。

上海市内の食品加工会社「上海福喜食品有限公司」の工場が、使用期限の切れた鶏肉や牛肉などの期限表示を偽装し、正規の肉と混ぜて出荷したり、床に落ちた肉をレーンに戻して出荷したりするなどしていたと報じました。

日本でも影響が出ているようです。

ファミマもナゲットなど販売中止(gooニュース)
中国・上海の食品加工会社が使用期限を超えた鶏肉を加工していたなどと指摘されている問題で、大手コンビニチェーンの「ファミリーマート」は、この会社から材料を仕入れた「ガーリックナゲット」と、一部で試験販売中の「ポップコーンチキン」の2種類の商品の販売を22日から中止しました。

上海福喜食品有限公司に関する報道につきまして(日本マクドナルド)
日本マクドナルドは「上海福喜食品有限公司」から国内で使用する「チキンマックナゲット」の約2割を輸入していたそうですが、報道を把握した21日付で「チキンマックナゲット」の販売を中止したとのこと。現在は、「チキンマックナゲット」は他のサプライヤーの製品に切り替えて販売しています。

本当に売ってないのか行ってみた 
私は地元のファミリーマートに行って友達の店員に聞いたのですが、知らなかったようです。

・・・というのも私の行った店にはもともと「ガーリックナゲット」「ポップコーンチキン」のいずれも取り扱われていなかった ようで、販売中止を知らせる張り紙も掲示されておりませんでした。

唐揚げなど他のチキンは販売されているのを確認しました。


一方マクドナルドにも行ってみましたがチキンマックナゲットは
販売されていました。

今では中国での食の安全のニュースは「毎度おなじみ」感があります。まだまだ他のチェーン店でも出てきそうな気がしますし、産地や加工地などの表示はコンビニのようなところでも今後必要になってくるのではないでしょうか。