祝・ハタチ! ももクロ百田夏菜子の20年を振り返る

人気アイドルももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子さんが7月12日、20歳の誕生日を迎えました。浜松で育った幼少期からアイドルに捧げることを決めスターへの階段を駆け上った10代を振り返りお祝いしていきましょう!

●かなこぉ↑↑の20年史
0歳(1994年7月12日)

静岡県浜松市にて誕生
「夏に生まれて菜っ葉のように強い子になるように」という意味から夏菜子と名付けられる

3歳
新体操を始める。現在のももクロでのライブパフォーマンスはここで培われたといっても過言ではないでしょう
11歳
雑誌『De☆View』でスターダストのオーディション記事を見て応募、合格する

13歳(2008年5月17日)
ももいろクローバー結成。結成時からのメンバーとなる

14歳
(2008年11月23日前後)
ももいろクローバーのリーダーとなる(前任者は高城れに)

15歳
(2009年8月5日)
「ももいろパンチ」でインディーズデビュー

(2010年5月5日)
「行くぜっ!怪盗少女」でメジャーデビュー

(2010年12月24日)
「ももいろクリスマス(ももクリ)」の第1回目が開催

16歳
(2011年4月10日)
中野サンプラザでのコンサートで早見あかりが脱退。名称をももいろクローバーZに改名

17歳
(2011年7月27日)
 1stアルバム「バトル アンド ロマンス」発売

(2012年4月14日)
日テレ「メレンゲの気持ち」にて初のバラエティレギュラー司会を務める (2013年9月28日放送回まで)

18歳
(2012年12月31日) 
NHK紅白歌合戦に初出場!

(2013年1月1日)
国立競技場でライブを行う目標を宣言


 
19歳
(2014年3月15・16日)
国立競技場で2DAYSライブを開催! 

●国立での名言

「私たちは大きな会場でやりたいから、やってるわけじゃないんです。会場をゴールにしてたら、大きな会場でやったらそれで終わりみたいになっちゃうけど、私たちはみんなの笑顔が見たくて」

「みんなに笑顔を届けることにゴールはないと思うんです」

「私たちは天下を取りに来ました。でもそれはアイドル界の天下でもなく、芸能界の天下でもありません。みんなに笑顔を届けるという部分で天下を取りたい」

(2014年6月25日)
地元浜松市から「浜松やらまいか大使」に任命され市長から委嘱を受ける

(2014年7月10日)
笑福亭鶴瓶さんがゲストと即興で芝居を行う舞台版「劇場スジナシ」に出演 
news_xlarge_momota
「赤ばっかり……うちのコンサートでもこんな光景は見られないんですよ」

 ●T.M.R.、ももクロ百田「劇場スジナシ」初挑戦(音楽ナタリー) 

20歳(2014年7月12日)
オトナへ

(個人的な)感想
元AKB/SDNの佐藤由加理さん・アイドリング!!!の河村唯さんに続く「浜松の至宝」は夢に向かって全力で駆け抜けた結果、日本中のモノノフを熱狂させ続けるまでの存在になりました。同時に生まれ育った浜松に恩返しをする姿勢も好感がもてます。

「茶畑のシンデレラ」は次の20年も全力疾走し続けるに違いありません。