ベロオリゾンテの惨劇で号泣したブラジルの少年、世界中から慰められる

7月8日(ブラジル時間)に行われたブラジルワールドカップ準決勝「ブラジル×ドイツ」。

開催国のブラジルは同大会ワーストとなる大量7失点を喫し1―7で敗れた歴史的惨敗は「ベロオリゾンテの惨劇」とも「ミネイロンの悲劇」とも呼ばれるようになりました。

その惨劇を特に象徴していたのは24分ドイツ代表・クロースがの3点目、前半26分にクロースが立て続けに4点目を決めたシーン。

その直後に国際映像に流れたのは、号泣するブラジルサポーターの少年。

Youtube上では反響のコメントが相次ぎました。

気の毒だ!しかし男になるために彼は生き残った!(ロシア)

かわいそうな男の子だ。(ロシア)

今まで見たフットボールの中で最も悲しいことだ。

これは誤解だ。彼はまさにドイツ代表のために涙を集めている。なぜならそれはドイツ代表を支える他国の青年の涙だからだ。

持っていたコーラのグラスは人工呼吸器?それが彼を助けるように見えた。(イタリア)

IMG_7959

彼がこの悲しみを乗り越えて、将来のブラジルを引っ張っていく日が訪れるかもしれません。