「720時間の映画」の72分もある特報が公開! 本編は2020年に封切りか

720時間の映画の72分もある特報が公開!

スウェーデン人アーティストのアンダース・ウェバーグが、自身が手掛ける上映時間720時間(30日間)という史上最長の映画『アンビアンス(原題) / Ambiance』の特報をインターネット上で公開しました。

特報でありながらその長さは72分!ちょっとした短編映画に相当し、スタジオジブリでいうと「猫の恩返し(75分)」に匹敵する長さです。

『アンビアンス(原題)』はウェバーグの回顧録のような作品です。空間と時間が絡み合って場所を超えた超現実的で夢のような旅になり……というような内容で、今回公開された72分間の特報を観れば、そのムードやテンポを理解することができるということ。

72分は長過ぎる!という方には冒頭3分間の映像を見つけました。

この3分間を見ただけで、その映画のムードやテンポがほんの少しだけでも理解できる気がします。

今後の予定

2016年:“短い”予告編(7時間20分)
2018年:“長い”予告編(72時間)
2020年12月31日・・・本編公開(720時間)

ちなみに本編は全大陸で1度公開された後、破壊されるそうです。

次回、“短い”予告編をお楽しみに。