4分間で2500万円! 一般人の宇宙旅行2014年中にも実現へ

一般の人が宇宙へ 今年中にも(NHKニュース)


↑ついにこの時がやってきました!

アメリカ・ニューメキシコ州に本社のあるヴァージン・ギャラクティック社は、早ければ2014年にも、初めての宇宙飛行を行うことにしているそうです。

同社は乗客6人が乗れる宇宙船を開発しているようです。計画によると高度110キロまで上昇し、およそ4分間宇宙空間を飛行して地上に戻る計画です。

気になる代金は25万ドル(日本円で約2500万円) 。既に
世界で650人が支払いを済ませ、この中には18人の日本人も含まれているとのこと!

日本人の1人には、ライブドアの元社長、平松庚三さんがいます。平松さんといえば2006年にあのホリエモンからライブドアを引き継いだ人物として注目を集めました。
(そういえばホリエモンも宇宙を目指していますね)

●高度110kmは宇宙空間なの?
NASA等によると、地球の高度100kmに引かれた仮装の境界であるカーマン・ライを宇宙空間と定義しています。

この定義で行けば高度110kmは宇宙空間であるといえます。また、青い地球も容易に見ることが可能となるでしょう。

●今のところは「セレブ向け」
現時点で2500万円という価格は決して安くはなく、一般人対象とはいえ申し込み者はセレブが多いのが現実です。

しかし将来的に技術やノウハウが溜まっていけばコストも抑えられ、多くの人々が体験しやすい価格に下がることが期待できます!

事前訓練などの準備は必要ですが、海外旅行のように気軽に宇宙旅行ができる世の中は、一歩一歩近づいているのを感じます。

ともかく、ヴァージン社には安全な運営をお願いしたいです。